TEL 03-5850-8555

TEL 03-5850-8555

  • お問い合わせ
  • FAX 03-5850-8505
  • Facebook

外科術式マニュアル

埋入深度について
ドリルについて
ドリルチャート
埋入手術手順
外科用器具
Hexツールの用途
ヒーリングカラー寸法

埋入深度について - Legacy System -

Legacyインプラントは骨内に埋入される表面にSBM処理を施し、さらにはネック部にミニスレッドを付与することで骨のダウングロスを抑制するデザインです。
したがって、ボディが骨内に収まるまでしっかりと埋入する必要があります。
骨の形状によっては、部分的に骨頂より深い位置まで埋入するケースもありますが、その際は埋入インプラントの直径に応じたCBDドリルを穿孔の最終段階で逆回転にて使用することで、後日補綴コンポーネントを設置するためのカウンターシンクを形成することができます。(下動画参照)

 




ドリルについて - Legacy System -

 

ドリルチャート - Legacy System -

 

埋入手術手順 - Legacy System -

                   CBDドリルの術式動画はココをクリック

  

外科用器具 - Legacy System -

 

サージカルトレー(003-ST):
サージカルトレーは、Legacyインプラントの外科手術に使用するドリル、インサーションツール、ドライバー他の専用インスツルメントを収納し、そのままオートクレーブ滅菌も行えるオーガナイザーです。
スタッフによる器具類の管理はもとより、ドリルは埋入インプラントの直径にリンクし、カラーコード化しているため、手術時のサイズ認識に有効です。

※滅菌条件:温度121℃、20分 または 温度134℃、5分

Hexツールの用途 - Legacy System -

 

1.25mmDのデリバリーHexツール
先端にテーパーが付与され、口腔内でのパーツの落下を防止する。

用途:
・カバースクリュー着脱
・ヒーリングカラー着脱
・アバットメントスクリュー、スクリュー固定式上部構造のスクリューの運搬 等

 

 

1.25mmDのHexツール
003-HT1.25L、003-HT1.25、003-HT1.25S は頭頂部に4mmスクエアを有し、トルクレンチとの併用が可能。

用途:
・アバットメントスクリュー、スクリュー固定式上部構造のスクリューの最終締結
(トルクレンチとの併用)

 

 

2.5mmDのHexツール
003-HT2.5、003-HT2.5S は頭頂部に4mmスクエアを有し、埋入用ラチェットレンチとの併用が可能。

用途:
・キャリアー頭部に挿入し、インプラントを埋入
・キャリアーを除去したインプラント頭部に挿入し、インプラントを埋入
(プラットホーム3.5mmD、4.5mmD)

 

3.0mmDのHexツール
003-HT3.0、003-HT3.0S は頭頂部に4mmスクエアを有し、埋入用ラチェットレンチとの併用が可能。

用途:
・キャリアーを除去したインプラント頭部に挿入し、インプラントを埋入
(プラットホーム5.7mmDのみ)

 

 

ヒーリングカラー 寸法 - Legacy System -

2次手術で使用するヒーリングカラーは、使用インプラントのプラットホームと、
埋入部の歯肉厚みに応じて選択します。

操作は、1.25mmDのHexツールで行います。