TEL 03-5850-8555

TEL 03-5850-8555

  • お問い合わせ
  • FAX 03-5850-8505
  • Facebook

レガシー1,2,3

特長
インプラントデザイン
サイズバリエーション
パッケージ
表面性状
多機能ドリルCBDとエクステンダー(付属)
補綴コンポーネント
スキャンアダプターのライブラリーデータ

特長 - Legacy System -

・ 骨のダウングロスを抑えるネック部デザイン。
・ バットレススレッドで垂直的咬合圧を分散(Legacy2・Legacy3)。
・ インプラントの形状、サイズ、さらに補綴パーツの豊富なバリーションが適用範囲を拡大する。
・ オールインワンパッケージ(多機能キャリアー・カバースクリュー・エクステンダー同梱)による、
    高いコストパフォーマンス。
レガシー1、2、3間で、ドリル、埋入レンチ、ドライバー等のツールや、補綴パーツの規格を共有。

 

インプラントデザイン - Legacy System -

・ ネック部(頭頂から1mm下方よりダブルリードスレッドに到達する2mmのエリア※)にミニスレッドを付与。
    ミニスレッドにより、埋入ストレスを軽減するとともに、骨のダウングロスを抑制。  ※レガシー3は2.2mm
レガシー2 および レガシー3は垂直的な咬合圧を分散するバットレス(鋸刃型)スレッド。
    レガシー1は標準的なVスレッドを付与。
・ ボディはテーパー形状。
    ただし、レガシー2とレガシー1、3ではテーパー形状が異なり、骨質等に応じた選択が可能。
レガシー2、3は先端に向かうにつれ、スレッドの山谷径が深くなり、骨内での固定を高める。
  また、セルフタップによる埋入を実現するよう、先端から上方にかけ垂直的なカッティンググルーブを形成。
・ 骨内に埋入されるボディ表面はすべてSBM(可溶性ハイドロキシアパタイト粒子をブラスト)処理。
  ネック部にもSBM処理を施し、骨のダウングロスを抑制する。

※レガシー3のHAコーティングタイプは販売を終了しております。

サイズバリエーション - Legacy System -

レガシー™インプラントは形状、直径、長さの豊富な選択肢をラインナップし、より理想的な治療設計を可能にします。
使用インプラントシステムの選択理由に「適正な形状・サイズのラインナップ」を挙げる術者が多い中、
レガシー™インプラントは形状・サイズ・表面性状によるバリエーションで140種のラインナップからお選び頂けます。
長さは各直径6、8、10、11.5、13、16mmL  (※3.2mmDは、8mmL~、
7.0mmDは~13mmLまで。)


 

パッケージ - Legacy System -

多機能パーツが付属するオールインワンパッケージ
インプラント体には、キャリアー(CTアバットメント)や、カバースクリュー、さらにはカバースクリューに厚みを与えるエクステンダーが付属します。
特にキャリアーは、印象用トランスファーやアバットメント(レガシー2:テンポラリー用/レガシー3:最終補綴用)に使用可能です。


 

表面性状 - Legacy System -

SBM…表面骨内に埋入される表面をSBM(可溶性ハイドロキシアパタイト粒子によってブラスティング加工)処理することで粗造な構造にし、骨との接触率を高めています。
HA(レガシー2)高品質のHA(ハイドロキシアパタイト)を露出のリスクを抑えた部位にコーティングし、(ネック部はSBMブラスト処理)、より安全性を高めています。

※レガシー2インプラントは、SBMブラスティング・HAコート2種類から選択できます。(一部のサイズで販売終了有)




多機能ドリルCBDとエクステンダー - Legacy System -

レガシーインプラントはネック部にSBM処理を施し、さらにミニスレッドを付与することで骨のダウングロスを抑制しています。
そのデザインにより、ネック部も骨内に埋入される設計が必要になります。
骨頂の形状により、インプラントが深く埋入されるケースがありますが、補綴処置時にパーツが確実に連結できるよう、骨孔辺縁を形成します。
その際のドリルがCBDドリルです。また、形成された形状を保つためのスペーサーとして、付属のエクステンダー
が有効です。

骨が硬固質の場合、骨孔入口付近を拡大し(正回転)インプラントの埋入ストレスを軽減するためのドリル。
逆回転で使用すると、さらに骨孔辺縁をロート状に形成し、補綴パーツの連結を可能にする。



※動画内のCBDドリルは旧タイプです。

 

・ エクステンダー:
 Legacyインプラントに付属するパーツ。同じく付属のカバースクリューにてインプラント頭部に装着する。CBDドリルで骨孔辺縁を形成した場合や、インプラント上方に骨移植を行う際のスペーサーとして機能する。また、歯肉の厚さによっては1回法へのコンバートを可能にする。




補綴コンポーネント - Legacy System -


様々な症例に対応する選択肢の多さが術式の拡大につながります。インプラントとの締結等は1.25mmDのHexドライバーで操作します。

スキャンアダプターのライブラリーデータ

◆ライブラリーデータの入手方法

インプラントダイレクト社ではexocad 、DentalWings 、3Shape用のライブラリデータをご用意しています。
exocad 、DentalWingsにつきましては、インプラントダイレクト社Webサイトのページにアクセスいただき、
下記のファイルをダウンロードしてください。(2022年3月15日現在)
(本ページの下の方にございます“Show more”を何度か押してください。)

インプラントダイレクト社Webサイト:https://www.implantdirect.com/en-us/documents

 

■ご参照ファイル:ID_Exocad_EU ONLY_RevF_9-24-18.zip
(File size: 123.06 MB Release date: Jan 22, 2020)

■ご参照ファイルファイル:ID_DentalWings_EU ONLY_RevK_9-17-18.zip
(File size: 53.82 MB Release date: Jan 22, 2020)

 

・3Shapeライブラリデータは、3Shapeのダウンロード・センターからダウンロードすることができます。(弊社では供給できません)

・exocad用の純正ライプラリデータは、インプラントダイレクト社の“スマートベース(当社未承認品・申請準備中)”の使用を前提にCADデザインを行うように規格されており、現状このままでは設計用データとしてはご使用いただけません。
通常使用ができるように変換されたライブラリデータにつきましては、弊社提携ミリングセンター“株式会社ベレッツァミリングセンター(BMC)”からご入手いただけます。レガシー/インタラクティブ/スウィッシュプラス純正スキャンアダプターを利用する際は、このBMC変換データをダウンロードしていただく必要がありますので、一旦、BMCにご登録いただき、ダウンロードしていただくようになります。

この際は、BMCでのミリングを含め、ご検討くださいますようにお願いいたします。

⇒「提携ミリングセンター」はこちら

 

 

アナログの挿入窩のサイズ(押し込むときのキツさ/緩さ)

exocadで設計する際、ご使用する3Dプリンターで適度なサイズになるように「Horizontal Offset」の値を調整してください。

 

 

 

 

 

 

22800BZI00019000    22700BZI00018000    22600BZI00012000